ロレックスブログ2020

オーデマピゲの時計のメンテナンスの簡単な紹介

オーデマピゲの時計のメンテナンスを紹介する前に、編集者はまずオーデマピゲの時計のブランドの歴史を紹介します。 オーデマピゲの時計は、絶妙な作品を作成するために「プロの手作りのカスタマイズ」を主張しています。これはオーデマピゲの永遠の伝統です。 オーデマピゲは、その責任を示すために、各時計の裏側にメーカーの名前を刻印しました。 部品が20年間製造中止になった場合でも、オーデマピゲは、何世代にもわたる品質保証の目的を達成するために保存された製造データを照会する限り、顧客の修理と修理を行うことができます。 これは、オーデマピゲの時計が依然として優れた製品保証を持っていることを示しています。 これがオーデマピゲの時計が世界的に有名になる理由でもあると思います。結局のところ、消費者がこの商品を購入する際には、商品のアフターセールスの問題を検討し、オーデマピゲのアフターセールスは非常に重要です。上手。

自動機械式時計のエラー基準の簡単な紹介

機械式時計のエラー問題のため、スイスはエラー基準に関連する関連ポリシーと規制を発行しました。 スイスの機械式時計の許容誤差範囲は±30秒/日です。つまり、1日以内に機械式時計の誤差は30秒以内である必要があり、30秒を超えると標準に達しません。速いまたは30秒以上遅い。

天文台のタイミング精度は非常に厳しいため、天文台によって認定されたムーブメントの要件はより厳格です。 天文台認証に必要な平均誤差範囲は-4秒/日から+6秒/日です。つまり、機械式時計は1日4秒以内にゆっくりと移動する必要があり、1日6秒を超えることはできません。 ここで、特定のエラーは、時計が使用するムーブメントと使用時間によって異なることに注意してください。

1884年にIWCが製造したIWC初の懐中時計「Powaybau」にインスパイアされました

IWCの創立150周年を記念して、ブランドは一連のアニバーサリーエディションの時計を発売しました。文字盤はリマインダーとしてラッカーで装飾されています。ジャンプタイムの数字と50個の限定版を備えた懐中時計に焦点を当てる必要があります。 -「懐中時計150周年記念特別版に敬意を表する。

懐中時計は、1884年にIWCが製造したIWC初の「ポーウェイポー」懐中時計に着想を得て、時と分をデジタル形式で表示します。1895年までに、20,000ものデジタル時分表示懐中時計がIWC時計工場から発売されました。しかし、19世紀の終わり以来、ポーウェイ懐中時計は廃止されました。

よりスポーティなクロノグラフの発売

タグ・ホイヤーは、2016年に復活したリンクリンカーンシリーズの新しい時計を発売しました。これは、ダイヤモンドベゼル時計に続く、よりスポーティなクロノグラフです。

クロノグラフと精密時間の分野におけるタグ・ホイヤーの貢献を思い出させる必要がある人はいますか? タグ・ホイヤーは150年以上にわたり、スイスの時計製造業界で最も正確なクロノグラフをラショードフォンで開発および製造しており、時間精度の限界を繰り返し破っています。精度は1 / 10、1 / 100、1 / 1000です。そして5 / 10,000秒ですら。

その結果、タグ・ホイヤーリンカーンシリーズにクロノグラフウォッチが追加されることが大いに期待されており、ファッショナブルでダイナミックな新作です。 リンカーンシリーズのデザインは1987年にさかのぼり、その象徴的なS字型のバックルブレスレットはその独特の魅力を示しています。 アイコニックなデザインであるだけでなく、人間工学と着心地のモデルでもあります。 各S字型バッ[……]

Read more

最新技術よって実現したフルアナログタイプの“フロッグマン”

G-SHOCK随一の人気を誇るフロッグマンは、1993年に初代DW-6300が誕生して以来、小型化やソーラー駆動、標準電波受信機能、デプスゲージ(水深計)など、ハイテク化による進化を続けている。時には海難救助のプロへのヒアリング、開発者自身が潜水士資格を取得して企画や設計に生かすなど、妥協なき姿勢によって斬新なフロッグマンが生み出されてきた。7代目となる「GWF-A1000」はまさにそのDNAを受け継ぐモデルで、ファン待望の“フルアナログ”の領域に達することとなったのである。

堅牢性も装着感も良好なノモス初のブレスレット

ノモス グラスヒュッテ「タンジェント スポーツ ネオマティック 42 デイト」Ref.TNS161011W2M 63万8000円
145個のパーツを手作業でねじ止めするブランド初のメタルブレスレットを新たに開発し、42mm径ケースにセットしたスポーツウオッチ。堅牢性や防水性を追求しつつ、フィット感にもこだわった。自動巻き(自社製Cal.DUW 6101)、約42時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。直径42mm(厚さ10.9mm)。30気圧防水。

タグ・ホイヤーと日本の親しい関係を示す限定ペアダイバーズ

スイスの名門ウオッチブランド、タグ・ホイヤーは日本と関わりが深く、現在ではプロサッカーリーグ「Jリーグ」のオフィシャルタイムキーパーを務めるなど、多くはスポーツシーンでそのロゴを見ることができる。日本でのみ展開されるリミテッドモデルは毎回好評で、2020年もすでにダイバーズウオッチのアクアレーサーの限定仕様がリリースされている。

その新作が、美しい自然で人々を魅了する奄美大島にフィーチャーした「アクアレーサー 奄美大島スペシャルエディション」だ。環境保全団体WWFジャパンとのコラボレーションモデルである本機は、奄美大島の澄んだ海を彷彿とさせるディープブルーのサンレイ仕上げダイアルに、ライトブルーのインデックスと秒針をセット。6時位置に奄美大島のシルエットをダイナミックにレイアウトした。

ムーンフェイズやカレンダー、セミスケルトンを巧みにレイアウト

オリエントスターは、オリエントの上位ブランドとして1951年に初登場し、現在ではクラシック、コンテンポラリー、スポーツの3コレクションから構成されている。今回取り上げる新作は、これまでクラシックで展開してきた「メカニカルムーンフェイズ」を、コンテンポラリーに変換した意欲的なモデルで、デザインや機能をいちから作り直した。

コンセプトは“地球から見た月”。宇宙の広がりを思わせる放射模様を施したダイアルの6時位置のムーンフェイズ(月齢表示)を月とし、その向こうに見える9時位置のセミスケルトンを地球に見立てている。そして小窓から覗くことができるムーブメントのテンプの動きで地球の生命観を表すなど、テーマに基づいたこだわりのデザインを取り入れた。


Scroll To Top